神戸市垂水区の動物病院ジェームス山ペットクリニック

電話 078-753-2273電話 078-753-2273
神戸市垂水区青山台5丁目2-45

雄イヌ・雄ネコの去勢手術について

2008/04/09

雄の象徴・雄の勲章・雄の命!? だから、
どうしても ためらいがちになってしまうけれど
今回は雄イヌ・雄ネコの去勢手術について、メリットとデメリットのお話です。
「雄イヌからは仔イヌが生まれるわけじゃないのに、どうして去勢手術しなきゃいけないんやろぉ?」
まずは、この疑問を解消しましょう!

Q.どうして去勢手術がイヌにとっていいの??
A1.健康面:中高齢で増加する、雄性ホルモンに関係する病気の予防ができます。
・ 精巣の腫瘍(セルトリ細胞腫など)写真1は腫瘍で大きくなった睾丸。
・ 前立腺の肥大 激しい腹痛、排便・排尿困難を起こすことも。
・ 会陰ヘルニア お尻の筋肉が弱くなり、お腹の脂肪や内臓が筋肉からとび出す病気。
・ 肛門周囲腺腫 肛門の周りにできる腫瘍。大きくなると大変!

A2.行動面:雄性ホルモンが関係する行動の減少、しつけの補助に効果がみられます。
・ マーキング
・ マウンティング
・ 攻撃性(同居犬や家族に対して)同時にしつけ(行動療法)を行うと効果的です。

   ※ 年齢が若いほど行動の変化が期待できます!
A3.精神面:発情に伴う様々なストレスの軽減が得られます。

Q.雄ネコにとっての去勢手術のメリットは??
A1.健康面:行動の変化の結果、ケガや事故のリスクが減り、寿命が延びることが期待されます。
A2.行動面・ 放浪癖  発情シーズンは家出のチャンスをねらってますヨ

・ ネコ同士のケンカ ケガだけでなく病気をうつされてしまうことも
・ 尿スプレー 近くに雌ネコがいなくてもストレスで尿スプレーをする子もいます!

Q.去勢手術のデメリット(不安要素)は何ですか??
A1.健康面:手術によって以下のような体の変化が生じることがあります。
・ 手術のリスク(麻酔・縫合する糸への生体反応など) 。
・ 食への欲求が強くなることがあります。
   ※ それらについて当院では
○ 丁寧な麻酔前検査(血液検査)と麻酔管理を実施しています。
○ 若くて健康(そしてスマート)な子ほど麻酔の安全性は高いため、
 早期(生後6ヵ月から)の去勢手術を推奨しています。
○ 中高齢の子であっても「今日が人生で一番若い日」です、病気になる前に、
 健康診断後の手術をお勧めしています。
○ 肥満予防やダイエットの指導・アドバイスができます。ご相談下さい!

A2.その他:子供を得られなくなります。


★ 停留精巣について ★

停留精巣ってご存知ですか?
実は、タマタマ(精巣)は生まれる前まではお腹の中にあって、生後10日頃までにタマ袋(陰嚢)に下りてきます。ところが、なかには精巣が2つしっかり陰嚢に下りて来ずに、お腹の中や内股に置き忘れてきてしまうワンちゃんがいて、これを『停留精巣』といいます(ネコさんの方が稀です)。
あなたのワンちゃんは精巣が2つ触れますか?
停留精巣の場合は精巣の腫瘍(特にセルトリ細胞腫)になる危険性が正常な子より10倍以上高くなり、また普段見えないために発見が遅れることも多いのです。
そして、停留精巣には遺伝が関係しているので子供を作るのはあきらめなくてはなりません。子供もまた、病気のもとを背負うことになります。
停留精巣を見つけたら、どんなにお父さんが「雄イヌの命なんや!」と言っても、なるべく若いうちに去勢手術を行いましょう。
おうちで触ってみてください。「あれっ?」と思う場合はワンちゃんと一緒に病院へ。


★ セルトリ細胞種について ★

ワンちゃんの精巣の腫瘍のひとつです。
精巣の腫瘍は良性のものが比較的多いですが、この腫瘍では腫瘍細胞が女性ホルモンを大量に産生するために全身に症状が現れることがあります。
症状 ・ 脱毛、皮膚の色素沈着
・ 雌性化(乳腺が張ってくる、包皮が垂れ下がる)
・ 骨髄抑制(貧血、白血球・血小板の減少) など
この中でも特に、骨髄抑制が起きて血液が作れなくなってしまうと、腫瘍になった精巣を手術で摘出しても体はすぐには元に戻りません。ワンちゃんの命がおびやかされ、輸血や長期の入院が必要になることもあります。


【写真1】

* 今回のまとめ *
現代は食べ物や生活環境、予防薬が良くなってきたことで、ワンちゃん・ネコちゃんたちの寿命ものびてきました。
そんな中、高齢と言われる7才以上では雄性ホルモンが関連した病気がとても多くなっています。
健康で若いほど安全で手術後の傷の治りもスムーズですが、病気が発見されてから手術に踏み切る場合には、手術の難しさが変わってきます。
また高齢になると呼吸器、心臓、肝臓、腎臓などの臓器が弱くなり麻酔の危険性が高くなります。
おうちの子が健康で元気なうちに、ぜひ一度ご家族で去勢手術について話し合ってみて下さい。
当院では手術は予約制、男の子の去勢手術は基本的には日帰りで行っています。
ご不安な点は、来院された際にお気軽にご質問下さい!
次回は女の子の不安解消!!『避妊手術のメリット・デメリット』を予定しています。

獣医師:谷本あや