神戸市垂水区の動物病院ジェームス山ペットクリニック

電話 078-753-2273電話 078-753-2273
神戸市垂水区青山台5丁目2-45

そうだ!歯科検診をしよう!!

2008/06/15

そうだ!歯科検診をしよう!!

獣医さんは、若いチワワさんが診察室に入ってくると、こう思います。
「子どもの歯が残ってるんじゃないかな!?」
獣医さんは、鼻ぺちゃのシーズーさんが診察室であくびをすると、こう思います。
「歯並びが悪くて歯石がたまってやしないか!?」
獣医さんは、家に帰って愛犬に顔を舐められながら、こう思います。
「ん? うちの子もなんだか口が匂いだしたぞ!?」

6月と言えば、6月4日~10日に『歯の衛生週間』があるので、私たちも小学生時代の歯科検診や、歯に赤い色を塗られたのを思い出しますね。
そこで、今回は犬の『歯』にまつわるお話です。


まずは問題から!!

問1
犬の歯は何本?
問2
顔の長いダックスフンドと、鼻の低いパグ、歯の数は一緒?
問3
犬も虫歯になるの?
問4
犬も歯周病になるの?
問5
人間用のキシリトール入りガムで犬の歯もキレイになるの?
問6
犬も歯磨きが必要?
問7
犬はどうやって歯磨きするの?

いかがですか?

☆☆☆回答に行く前にCMです☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ジェームス山ペットクリニック・しつけ教室『ハモンド・カナン』の主催で4月から始まった『ワン楽教室』をご存知ですか。
ワン楽教室では「しつけ」だけではなく、「犬との生活の質を上げる豆知識」を毎回お届けしています。
3回目の今回は『デンタルケア』

例えば、
・ 歯磨きは週に何回すればいいの?
・ どの歯から磨けばいいの(歯石のつきやすい歯はどの歯)?
・ 口も触らせないうちの子でも歯石予防ができますか?
・ うちの子は歯石が多いですか?

そんな疑問にお答えできる内容を準備しています。

ワンちゃんの性格や飼い主様の生活スタイルによって、それぞれに適した「お口のケアの方法」があります。
ですから、上の問7の回答(歯磨きの仕方)を「早く知りたい!」という方、ワン楽教室に是非ぜひお越し下さい! 
スタッフ一同お待ちしています(事前に申し込みが必要です)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それではお待たせ致しました、回答編です。

答1
犬の歯は何本?
上顎20本、下顎22本で計42本です。
仔犬の乳歯は28本あり、生後3~7ヶ月の間に永久歯へと生え変わります。
答2
顔の長いダックスフンドと、鼻の低いパグ、歯の数は一緒?
基本的にはどの犬種でも歯の数は同じです。
そのため短頭種では狭い顎に歯が詰まって並び、歯垢がたまりやすくなります。
また、乳歯が抜けずに残っている犬でも同じように、歯の隙間がなくなるために歯垢がたまりやすくなります。そこで乳歯が残っているワンちゃんは、麻酔をかけることがあれば抜歯をお勧めしています。
答3
犬も虫歯になるの?
犬の口の中は虫歯を作る菌が少なく、また唾液が多いため、人に比べて虫歯はとても少ないです。けれども、口の中のアルカリ性に傾いているため、人よりずっと歯石はできやすくなっています(人の4~5倍の早さで歯石に変わります!!)。
答4
犬も歯周病になるの?
3才以上の犬の80%が歯周病にかかっているというデータがあるほど、実は犬の歯周病は多いのです。
実際には歯肉炎や、歯肉の後退、歯根膿瘍(歯根~目の下に膿がたまる)などが起きてきます。
答5
人間用のキシリトール入りガムで犬の歯もキレイになるの?
犬では一度に大量のキシリトールを摂取すると低血糖を起こすことがあります。
また、ガムではありませんが、人間用の歯磨き粉に含まれる研磨剤も食べ続けると有害です。
ワンちゃんの歯磨きには犬用製品を選んであげてください。
答6
犬も歯磨きが必要?
現代を生きるワンちゃんたちには必須です!!
硬いものを引き裂いて食べる動作には歯や歯肉をきれいにする効果がありますが、家庭犬ではそれも少なくなり、逆にビスケットなどのおやつを食べる子が増えています。
ワンちゃんも長寿になってきました、高齢になってもご飯をおいしくしっかり食べて欲しいですね。
答7
犬はどうやって歯磨きするの?
それぞれのライフスタイルにあった口腔ケアをアドバイス致します。
どうぞ病院にてご相談ください。

それぞれの写真をクリックすると拡大表示します

歯01  

 

 ☆ 最後に少し怖い話 ☆
歯垢は唾液や食べかすが歯にこびりついたものですが、この歯垢1mgには、なんと数百万の細菌が含まれています!
このため、この細菌が血流に乗って心臓、肝臓、腎臓などに病気を起こします。
高齢のワンちゃんに多く見つかる心臓の弁膜症の原因にも挙げられています。
また、歯と少し話は変わりますが、犬の口の中に発生する腫瘍も多く見つかるようになってきました。
『うちの子の健康管理』として、日頃から口の中を覗いてあげましょう。

チェックポイント
□ 歯ぐきがピンク色をしていますか
□ 歯の色は白~オフホワイトですか(歯石がついていませんか)
□ 息がにおいませんか

こんなときは要注意
■ 口を前足でかいている
■ 硬い食べ物を避ける(片側だけ使って食べる)
■ よだれが多い
■ 口臭がきつい
■ 口の中から出血している など


いかがだったでしょうか? 
おうちのワンちゃんの上唇をイーッとめくって「うちの子の歯」に興味を持って頂けたら、健康管理の第一歩です。

獣医師:谷本あや