リハビリ・介護

リハビリについて

リハビリ・介護では、水中トレッドミルや様々なエクササイズが可能です。治療後、立つ・歩く・走るなどの日常生活における運動機能の回復を促すことは、生活の質を向上させる上で非常に重要です。
治療としてのみでなく、シニア期の運動機能維持にもご利用いただけます。動物たちが怪我や病気をする前と同じような生活を送れるように、できる限りサポートをさせていただきます。

リハビリの目的

リハビリテーションの一番の目的は、怪我や事故で運動機能が損なわれた時、もとの機能へと改善させることです。正しいリハビリを受けることで、以前と同じような生活ができる可能性が高まります。動けなくなってしまってからでは手遅れです。
一見しんどそうと思われるかもしれませんが、元のように動けるようになることは動物にとっても有益なことです。

リハビリの効果

  • 怪我や事故の機能回復、改善
  • 手術後の機能回復
  • 肥満やメタボの解消
  • 老犬の機能維持  など

リハビリの内容

  • ウォータートレッドミル(水中歩行)
  • 機能訓練/歩行訓練(キャバレッティ、スラローム、バランスボードなど)
  • 鍼や電気刺激
  • マッサージ  など
  • 水中歩行

  • 歩行訓練

  • 電気刺激

院長からのアドバイス

リハビリは手術後すぐにおこなうととても効果が大きいのですが、意外と知られていません。
異変を感じてからリハビリを始めても、既に脚が曲がってしまっていたりで改善までに長い期間を要する事になる場合も多いです。
リハビリは、回復をスムーズにするために必要なことです。
整形外科、脊髄損傷、関節疾患などに手術を受けられた方、そのすぐ後にリハビリを始めることができます。お気軽にご相談ください。

こんな時はご相談ください

近々、整形外科やヘルニアなどの手術を受ける
手術後1ヶ月以内にリハビリを始めることで手術のメリットを最大限に引き出せます。
他の病院で手術・治療をおこなっている
手術・治療はかかりつけ病院で継続しながら、リハビリのみでもご利用いただけます。
手術後1ヶ月以上経つが、身体の機能が回復しない
リハビリをおこなうことで機能が回復する可能性があります。
リハビリに通うことが困難だ
ホテルとしてお預かりしながらリハビリメニューを追加することも可能です。

☆まずは一度、ワンちゃんとご来院の上ご相談ください。☆

介護について

犬も年とともに衰え、介護が必要な時期がやってくるかもしれません。
犬の幸せは飼主さまの健康ありき。飼主さまに健康でいてもらうために、できる限り介護の疲れを減らすお手伝いをしています。

当クリニックは、ご自宅での介護に関して、なるべく家にあるもので低コストにできる方法のアドバイスや、介護のサポートとして、飼主さまがリフレッシュしたり、仕事に出たりする間お預かりするショートステイなどをおこなっています。
夜鳴きなどの行動問題においては行動診療科の獣医師のサポートも可能です。

介護の事でお悩みのある方、疲れを感じている方は、まずは一度ご相談ください。

介護の内容

  • 介護の相談・指導
    (長年培ってきたノウハウで、様々な介護用品や日常のアイデアをご紹介します)
  • デイケア(診療時間内9:00~19:00の間の日中預かり)
  • ショートステイ・ロングステイ
    (ホテルのようにお預かりし、必要なケアをおこないます)

介護の様子

  • 給餌

  • 歩行補助

  • マッサージ